新型コロナウィルス、フランス語語学学校情報

みなさまこんにちは、アフィニティのレホアンです。
新型コロナウィルスCOVID-19の影響で3月中旬から閉鎖を余儀なくされていたフランス国内の語学学校ですが、
このところ多くの学校で学校再開に向けた動き、兆しや連絡が次々に入っております!

シェンゲンの国境がまだ開いてはいないので基本的に現地ですでに滞在をされていた方以外はまだ渡航をすることができませんが
シェンゲン国境がシェンゲン圏外の人の受け入れをするのは今年の夏と見られており、
すでにヨーロッパ内では多くの国で移動が可能になってもいます。

下記ではフランス国内の語学学校の学校再開の目安をお知らせしていきます。
各学校、コロナ対策をしながらの授業再開を目指しているようで、生徒さんの受け入れを楽しみにしているそうです!

現地に残った生徒さんを受け入れるべく、すでに授業を再開している学校もいくつかあり、また7月1日以降留学生がフランスへの渡航を段階的にできるようになるとの声明を政府が出したこともあります。

このページではフランスの語学学校の再開情報をお知らせしていきます。

New!!  2020年6月12日、ル・ドリアン欧州・外務大臣とカスタネール内務大臣は連名で6月15日以降の国境管理(移動制限措置の緩和)に関して声明を出しました。声明の内容には、大学のアトラクティビティの課題を考慮し,留学生は,その出身国に関わらず、渡仏を許可され、到着時のモダリティは容易化される。彼らの査証申請と滞在許可証の申請は優先的に扱われる。との内容があり、今後学生ビザを渡航してフランス渡航をする方は7月1日以降段階的にフランスへの入国ができるようになるようです。

オンライン授業開講中の学校はこちらより!日本からも授業を受けることができます。
https://affinity-france.jp/france-ryugaku-package/online-frenchlessons/

パリの語学学校
L’atelier 9 2020年6月1日再開
フランスラング  2020年6月29日からパリ、リヨン、ビアリッツ、ボルドー、ニース全校で現地授業再開
エコールスイス  2020年9月7日再開
EFLE グループレッスンは2020年9月から、プライベートレッスンは2020年6月から再開

リヨンの語学学校
Lyon bleu 6月29日から再開
フランスラング
  2020年6月29日からパリ、リヨン、ビアリッツ、ボルドー、ニース全校で現地授業再開
エコールスイス  2020年9月7日再開

モンペリエの語学学校
ILA 2020年7月13日再開予定(政府方針等によって変更の可能性あり)
Accent Français 2020年7月6日再開

トゥールの語学学校
Tours Langues 現地授業再開済み(リモートレッスンとの組み合わせ)
Institut Touraine 5月25日再開済み

トゥールーズの語学学校
Langue Onze  2020年8月3日の再開予定(政府方針等によって変更の可能性あり

ニースの語学学校
International house Nice 2020年6月29日再開 ※2020/6/29〜8/31のお申し込みは10%割引!
フランスラングニース  2020年6月29日再開

フランス
情報アップデート日2020年7月4日
学校情報オンライン授業開講中(6月に入り、一部語学学校では現地での通常授業がスタートしております)
https://affinity-france.jp/france-ryugaku-package/online-frenchlessons/
フランスラング  2020年6月29日からパリ、リヨン、ビアリッツ、ボルドー、ニース全校で現地授業再開
ILA 2020年7月13日開講予定(政府方針等によって変更の可能性あり)
Tours Langues 現地授業再開(リモートレッスンとの組み合わせ)
Langue Onze     2020年8月3日の開講予定(政府方針等によって変更の可能性あり)
L’atelier 9 2020年6月1日再開
直行便フライト情報新型コロナウィルスの影響で直行便を運行している航空会社は3社です。
・日本航空 JAL
・全日空 ANA
・エールフランス Air France
2020年4月24日現在の情報です。状況は日々変化しているため、ご利用の際は各航空会社の公式サイトで最新情報をご確認ください。■日本航空 JAL  7月1日以降東京(羽田)⇄パリ(CDG)便週2回運行
東京(羽田)⇄パリ(CDG)便は2020年6月30日まで週7往復便は全て運休。7月以降JL045:火・土運航 JL046:水・日運航
参照:【JAL公式サイト】新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部運休・減便・時間変更・臨時便設定について■全日空 ANA
東京(羽田)⇄パリ(CDG)便は2020年7月31日までは欠航が継続。週7往復便は全て運休。
参照:【ANA公式サイト】新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際線路線・便数計画の一部変更について■エールフランス Air France
東京(成田)⇄パリ(CDG)は2020年6月30日まで減便運行。
2020年春スケジュール(3/29~6/1)の日本路線運航予定について
(2020年6月10日更新)
新型コロナウイルスの影響に伴う需要の減少ならびに各国での入国条件厳格化等のため、日本発着便において、2020年春スケジュール3月29日~6月1日の間のフライトを下記の通り減便して運航いたします。(2020年4月24日現在。今後の状況により変更の可能性がございます)【運航便】
・東京(成田)発 パリ行 AF275便(成田発10:35 パリ着16:10)
週3便(火・金・日、但し4/10(金)・4/12(日)は4/9(木)・4/11(土)に変更、5/3(日)、5/10(日)は運休)
運航日:6/5、6/7、6/9、6/12、6/14、6/16、6/19、6/21、6/23、6/26、6/28、6/30、7/3、7/5
・ パリ発 東京(成田)行きAF276便(パリ発13:25 成田着 翌08:25)
週3便(月・木・土)
運航日:3/28、3/30、4/2、4/4、4/6、4/8、4/10、4/13、4/16、4/18、4/20、4/23、4/25、 4/27、4/30、5/4、5/7、5/11、5/14、5/16、5/18、5/21、5/23、5/25、5/28、5/30、6/1、6/4、6/6、6/8、6/11、6/13、6/15、6/18、6/20、6/22、6/25、6/27、6/29、7/2、7,4
【欠航便】パリ発3/28-7/3、日本発3/29-7/4
・東京(羽田)= パリ(すべての便)
AF163便(羽田発09:10パリ着14:45)
AF279便(羽田発14:20パリ着19:45)
AF293便(羽田発22:55 パリ着 翌日04:35)
AF162便(パリ発10:50 羽田着 翌日05:55)
AF272便(パリ発17:10 羽田着 翌日12:10)
AF274便(パリ発23:25 羽田着 翌日18:30)
・東京(成田) = パリ(上記運航便以外のすべての便)
AF275便(成田発10:35 パリ着16:10)
AF276便(パリ発13:25 成田着 翌08:25)
・大阪(関西) = パリ(すべての便)
AF291便(関西発10:20パリ着15:55)
AF292便(パリ発13:45 関西着 翌日08:35)
参照:【エールフランス公式サイト】運行に関するお知らせ
日本からの入国情報フランス政府は,7月1日付けで首相訓令を発出し,同日以降,日本を含む以下(1)~(13)の欧州域外諸国(注)からフランスに入国する者に対し,コロナウィルスの感染拡大防止の観点から実施していた入国制限を解除しました。これに伴い,以下(1)~(13)からの入国者については,「国際移動適用除外証明書」及び「新型コロナウィルスの症状がない旨の宣誓書」の携行や14日間の自主隔離も不要となります。
(注)ここで欧州域外諸国とは,EU加盟国,アンドラ,アイスランド,リヒテンシュタイン,モナコ,ノルウェー,英国,サンマリノ,バチカン及びスイス以外の国を指す。
(1)オーストラリア
(2)カナダ
(3)韓国
(4)ジョージア
(5)日本
(6)モンテネグロ
(7)モロッコ
(8)ニュージーランド
(9)ルワンダ
(10)セルビア
(11)タイ
(12)チュニジア
(13)ウルグアイ
2 上記の国のリストは,EU理事会の勧告,感染状況の推移及び相互主義の尊重を考慮しつつ,少なくとも15日ごとに更新される予定です。7月1日以降、留学生は国籍を問わずフランスへの入国が可能となります。
キャンパスフランスおよびビザセクションでは学生ビザの申請が可能になります。
現時点で入国できる人は以下のいずれかが該当する人です。
・イギリス、アイルランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタイン、フランス海外県在住のフランス国民
・フランスの滞在許可証またはEUの滞在許可証を所持している外国人およびその家族
・新型コロナウイルスに対応するための医療従事者
・物流関係者
参照:【外務省安全ホームページ】新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)5月20日からEU域外からフランスに入国するフランス人及びフランス滞在許可を有している外国人に対して自発的に14日間の自宅等における隔離が必要となっています。上記の人がシェンゲン圏内へ入国(帰国・乗り継ぎ)する際には国際移動適用除外証明書の記入が必要です。
現地滞在中にビザが切れてしまう場合【長期ビザでフランスに滞在中の方】
フランス政府は、国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延に関して新たな措置を取りました。
現在、パリ警視庁のSNSやインターネット上の記事にて3月16日(月)より新たな指示があるまで滞在許可証の延長申請の受付を一時停止との情報が出ています。
また、合法的にフランス国内に滞在している外国人に対しての安全を確保するため、2020年3月16日から失効する下記の滞在許可証の有効期限が6ヶ月延長すると発表しています。ただし今回の措置に対して、さまざまな解釈を取ることができることや、対応が各県庁によって異なることが多いこと、ワーホリビザに関しての明記などがないことから、ビザが切れてしまう場合には各自お住まいの地方の県庁やパリの場合には警察へのコンタクトをお勧めいたします。
例)滞在許可証の期限が2020年3月16日より切れる場合、お持ちの滞在許可証の失効日より6ヶ月の延長が可能な例。
Vaucluse、Val-d’Oiseの県庁のようにお持ちの滞在許可証の失効日に限らず2020年3月16日から6ヶ月の延長がなされ2020年6月16日までと明示されています。つまり滞在許可証の失効日が2020年3月16日でも、2020年6月5日でも、延長は2020年6月16日までとなります。多くの場合メールで質問ができるようになっていますのでメールでのお問い合わせをおすすめします。
参照:Titres de séjour : la durée de validité est prolongée
参照:COVID-19 L’accueil du public étranger à la préfecture de Vaucluse est suspendu jusqu’à nouvel ordre【3ヶ月未満の短期ビザでフランスに滞在中の方】
通常短期ビザの方の場合には上記特例が認められません。しかしながら新型コロナウィルスの影響で母国への帰国が困難である場合などは特例としてビザの延長が認めらる可能性がありますので県庁や警察へ問い合わせされることをお勧めいたします。必ずビザが切れる前にこちらにメールを出すように指示があります。
[email protected]
[メールと一緒に添付するもの]
・パスポートの顔写真のページと、フランス入国スタンプのページのスキャン画像
・パリでの住居証明
・日本へ帰ることが難しいという証明となるもの。フランスからの入国が禁止されていることや、フライトがキャンセルされていることなどの証明
参照:Titres de séjour : la durée de validité est prolongée
参照:ACCUEIL DES RESSORTISSANTS ÉTRANGERS
ビザ受付申請情報2020年7月1日以降ビザセクションの予約が可能となっています。

新型コロナウィルス感染症により202071日からのビザ申請は以下の種類に限定されています。
–          学生及びテスト生(短期及び長期)
–          3ヶ月以上長期滞在仕事のため
–          3ヶ月以上長期滞在同行家族
–          フランス再入国 (Visa de retour
こちらに記載されている項目以外の申請は現在受け付け不可能であるため明記されている目的以外での渡仏をされたい方は既存の予約をキャンセルしていただく必要があります。
なおワーキングホリデービザの申請は現在受け付けておりません。

アフィニティでは各国の政府、大使館、領事館、日本の外務省などの関係機関の発信情報、及び現地受け入れ団体より、常時、新着情報を収集しております。すでにお申し込みをいただいているお客様へは、各国の渡航制限などによる留学の中止や時期の変更などについて、個別にご案内をさせていただいております。
留学をご予定の皆様と、ご家族の方など、留学に関わる全ての方に、ご安心、ご納得いただいたうえで計画を進めていけるよう努めてまいります。
なお、ご希望に応じて、オンライン留学のご案内もいたしております。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ