ビザについて

主なフランスのビザについて

この情報は2018年7月1日現在の在日フランス大使館および外務省のデータを参考にした日本国籍をお持ちの方への代表的な査証の紹介をいたします。
詳細は必ず在日フランス大使館ホームページをご参照いただき、ビザのご準備をするようにしてください。
日本国籍をお持ちの方の場合、180日の間で90日を超えない滞在であればビザの申請は不要です。90日を超える渡航の場合にはご自身の目的に合わせてフランス大使館にてビザの申請をしましょう。
フランスへの渡航をされる方が取得されるビザとしては

  • 学生ビザ
  • ワーキングホリデービザ
  • ビジタービザ

の3つが多いようです。

※その他研修生ビザや研究者ビザなども渡航目的によって申請が可能です。

このページでは観光ビザ(申請不要)、学生ビザ、ワーホリビザ、そしてビジタービザの4つのビザの違いを紹介したいと思います。

学生ビザについて

学生ビザは文字通り学生という身分でフランスへ渡航をする方のためのビザとなります。週20時間以上現地の学校へ通学することを証明する必要がある点、キャンパスフランスへの入力手続きが必要である点が特徴です。フランスの場合学生ビザを取得する人は通常週20時間までアルバイトをすることが可能です。またフランスの健康保険への加入が認められたり、人によっては住宅補助(アロカシオン)の受給ができる権利がある点がポイントです。

学生ビザの申請方法はこちらよりhttps://affinity-france.jp/france-ryugaku/visitor-visa/student-visa/

ワーキングホリデービザについて

ワーキングホリデービザは30歳未満の方であれば申請できるフレキシブルなビザ。現地では勉強、仕事、旅行1年間何をしてもよいという大変フレキシブルなビザです。ワーキングホリデービザはフランス現地での延長手続きができない点、アロカシオンの受給資格がない点が学生ビザとの違いとなります。

ワーホリビザの申請方法はこちらよりhttps://affinity-france.jp/france-ryugaku/visitor-visa/student-visa/

ビジタービザについて

ビジタービザはさまざまな目的でフランスに滞在するために申請することができるビザで、退職後の余暇を楽しんだり、文化、芸術目的やディプロマや修了証書の取得が目的ではない個人的な目的での就学をされる方が申請します。ビジタービザは報酬を伴うすべての就労活動に従事することは認められていません。現地でのビザ延長手続きは可能ですが、アロカシオン受給はできません。
エクセルの表を入れてください。

ビジタービザの申請方法はこちらよりhttps://affinity-france.jp/france-ryugaku/visitor-visa/visitor-visa/

アフィニティでは渡航目的や最終的な留学の目的によってお客様に合わせたビザの案内をいたします。無料カウンセリングをご利用いただきご自身に合ったビザの種類をご相談下さい。

期間年齢制限学校アルバイト/就労旅行社会保障その他
観光ビザ日本国籍の方は90日までの滞在はビザ不要なし××―現地でのビザ延長は不可能
―シェンゲン圏滞在が180日の間で90日以内
学生ビザー 延長不可タイプ※1
ー 6ヵ月以上の延長可能タイプ
(基本的には最長1年)
なし必須
週20時間以上
の登録
可能
週20時間まで*

ただし2週間以上のバカンスは△
フランス政府からの家賃補助等申請可※2
現地健康保険の加入権利有
ー現地で延長可能なビザを希望の場合には7か月以上の学校申し込み必須
―キャンパスフランスへの登録が必要
―渡航3か月前から申請可
ワーホリビザ最長で1年あり(30歳未満)労働時間に制限なく可能
ただし2週間以上のバカンスは△
×ー滞在中に語学学校に通うことも、仕事をすることも可
ー渡航3か月前から申請可
ビジタービザ最長1年、現地での延長可能なし××―現地での生活費用として1年間で約250万以上の経済証明提出要
―現地での仕事は一切×
  • ※1  6ヵ月未満の場合には延長ができないタイプのビザが発給される可能性があります。
  • ※2 借りる物件によっても条件が異なります。また近年審査が厳しく受給までに1年近く掛かることも。
  • ※3 26歳未満の方は手続きが比較的簡単ですがそれ以上の年齢の方は手続きが複雑になり加入に数カ月かかることもあるようです。
フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、 現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。資料請求はこちらより