フランス留学費用の目安

フランスに留学するためにはだいたいどのくらいの金額が掛かるのでしょうか?長期学生ビザを申請する際には、月あたり最低615ユーロの滞在費、ワーキングホリデービザの場合は1年間で3100ユーロを所有していることを証明する銀行等の残高証明が必要ですが、この金額を所有していればフランスで生活してゆけるとは限りません。ここでは実際にフランスへワーキングホリデーで滞在した方や、留学した人が渡航の際掛かった費用の一例を紹介します。

近藤由里香さんの場合

渡仏:2008年3月
渡仏目的:ワーキングホリデー
期間:11ヶ月
滞在都市:最初の3カ月モンペリエ、その後パリに8カ月

フランス留学費用の目安
往復航空券代行き:15万(エールフランス、関西→モンペリエ)
帰り:8万(フィンエア、パリ→関西)
海外旅行傷害保険料14~15万円
パスポート申請もともと持っていたのでなし
授業料2640ユーロ(週220ユーロ×3か月)
アパートが決まるまでのホテル滞在費800ユーロ(短期アパート2週間分)
滞在費アパート590ユーロ/月(パリ市内ワンルームタイプ)
食費300ユーロ/月(外食は高いのでほとんど自炊)
通信費(携帯電話+インターネット)55ユーロ
現地交通費109ユーロ/月(NAVIGO)
フランス滞在中に使った金額合計およそ200万円

フランスワーキングホリデービザ申請方法について
*ここで紹介している金額は2008年のものです。1ユーロ=約165円(2008年)

ワーキングホリデーで渡仏する方に注意していただきたいのが、語学力がないと仕事もなかなか見つからないということです。渡仏後すぐに仕事が見つかると思っても、慣れない海外での仕事探しは意外と時間が掛かります。また仕事内容も、語学力によって皿洗い程度の仕事しかできない場合も多く、せっかくのフランス滞在が不満足なものになってしまうことがないよう、現地では仕事をしなくても生活していける余裕をもってくることをおすすめします。また、地方ではさらに日本人が職に就くのは厳しくなることも留意して計画を立てるようにしましょう。

フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、 現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。無料のご相談はこちら

Aさんの場合

渡仏:2016年3月
渡仏目的:語学留学(L’ETOILE
期間:90ヶ月
滞在都市:パリ

往復航空券代往復:15万
海外旅行傷害保険料約18万円
パスポート申請もともと持っていたのでなし
授業料4500ユーロ(L’ETOILE 週20レッスン×9か月)
アパートが決まるまでの滞在費1444ユーロ(朝・夕食3回付 4週間分)
滞在費アパート650ユーロ/月(パリ市内ワンルーム)
食費300ユーロ/月(外食は高いのでほとんど自炊)
通信費(携帯電話+インターネット)40ユーロx10か月
現地交通費70ユーロ/月(NAVIGO)
フランス留学に使った金額合計およそ252万円

*ここで紹介している金額は2015年のものです。1ユーロ=約135円(2016年)

学生ビザを取得しての語学留学の場合でも週に20時間はアルバイトをすることも可能です。ただし、語学学校への出席率が低いとビザの更新の際に支障がでることもあるのでくれぐれもアルバイト中心の生活にならないようにご注意ください。

フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、 現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。無料のご相談はこちら

A・Tさんの場合

渡仏:2010年9月
渡仏目的:語学留学
期間:6ヶ月
滞在都市:ニース

往復航空券代15万円(東京-ニース、オープンチケット)
海外旅行傷害保険料9万円
パスポート申請もともと持っていたのでなし
授業料3360ユーロ/6カ月(長期コース)
アパートが決まるまでのホテル滞在費なし(渡仏前にホームステイ申し込み)
滞在費ホームステイ5,340ユーロ (2食付、ホームステイ半年間)
食費100ユーロ/月
通信費(携帯電話+インターネット)30ユーロ/月
現地交通費28ユーロ/月(学生用割引定期)
現地での旅行や交際費30万円(パリとミラノ、バルセロナに旅行)
フランス滞在中に使った金額合計およそ130万円

*ここで紹介している金額は2010年のものです。1ユーロ=約123円(2010年)

2014年時点でのユーロ相場は1€=142円前後です。一番安い時期は1€=115円くらい、一番高い時期は1€=165円くらいですので、中間的な相場と言えるでしょう。

フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、 現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。無料のご相談はこちら