ワーキングホリデービザ取得方法

2022年11月10日、フランスワーホリビザが再開されました!

日本で提出されたビザ申請書類は、東京の在日フランス大使館で審査されます。
ビザ申請に関する情報、申請書類の準備と提出、さらに申請後の進捗状況に関しては、フランス・ビザ公式サイト「France-visas」をご利用ください。

 「France-visas」は、ビザ申請の手順について説明するとともに、申請手続きの各段階(申請書類の準備、登録、提出、提出後の進捗状況の確認)で申請者をサポートすることを目的に、すべての必要情報を提供する総合ポータルサイトです。

フランスへのビザを申請する方は上記France-visasサイトよりアカウントを作成し、ビザの申請手続きを進めるようにして下さい。

下記情報は2022年11月10日現在の在日フランス大使館のデータを参考にしております。
フランスワーキングホリデーの概要が発表されました。
申請年齢が30歳未満であることから31歳未満であることに引き上げられました。2018年から引き続き、滞在中の計画および履歴書(フランス語または英語で作成のこと、フリーフォーマット)が必要です。

【2022年11月更新】: ワーホリビザの応募条件が変更されました。申請時に満18歳以上31歳未満であること (31歳のお誕生日の前日まで申請が可能)となりました。
【2018年9月更新】: ワーホリビザの応募条件が変更されました。申請時に満18歳以上30歳未満であること (30歳のお誕生日の前日まで申請が可能)となりました。
【2018年1月更新】: フランスワーキングホリデービザの募集要項が発表されました。申請方法や必要書類はこれまでと変更がありません。
【2017年2月更新】: 2017年度フランスワーキングホリデービザの募集要項が発表されました。申請方法や必要書類はこれまでと変更がありません。【2013年12月更新】: 経済証明の金額が4500ユーロ以上から3100ユーロ以上に変わりました。
【2013年5月更新】:航空券Eチケットの提出が不要になりました。その代わり、ワーキングホリデービザ 宣誓書の提出が必要になり、残高証明の金額が4500ユーロ以上に変わりまし経済証明の金額が3100ユーロ以上に変わりました。

以下の情報は代表的な査証の取得手続き例です。
詳細は必ず在日フランス大使館までお問い合わせください。

在日フランス大使館:http://www.ambafrance-jp.org


ビザを取得するための条件

  • 申請時に満18歳以上31歳未満であること (31歳のお誕生日の前日まで申請が可能)
  • フランスを知るための渡航で、なおかつ仕事に就く意思があること
  • フランスへのワーキングホリデービザを過去に取得していないこと
  • 子ども同伴ではないこと

ワーキングホリデービザの特徴

1. ワーキングホリデービザの有効期限

  • ビザは1年間有効です。入国予定日はビザ申請用紙の26にきちんと明記すること
  • このビザはフランス本土の各県においてのみ有効(海外県・海外領土は除く)

2. ワーキングホリデービザ所持者は、フランス滞在中に滞在期間の延長や身分の変更はできません。

3. ビザの発給は1回限りですので、十分にご注意ください。フランス滞在中もしくは出発前にパスポートを紛失、盗難しても再発給されません。

4. フランス入国後の住居と仕事についての情報 (フランス語 / 英語)

申請方法

*注意

6月から9月の間の期間、ビザセクションは非常に混雑します。予約数には限りがありますので、予約可能な時間帯の表示が1ヶ月先の日付となる場合があります。ビザ申請は、 フランス入国予定日の3ヶ月前から可能であることを再度ご確認下さい。

ビザの申請は渡航希望日の3ヶ月前から行くことが可能です。例えば9月渡航希望の方は6月からビザ申請に行くことが可能です。夏の間は大使館が込みあいますので、早め早めに行動することを心がけましょう!

フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、
現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。無料のご相談はこちら

必要書類

書類は以下の順序で提出すること

1. 申請書類チェックリスト1部

書類・コピーの有無を確認の上、申請書類と併せて提出。
https://jp.ambafrance.org/IMG/pdf/vvt_liste_jp.pdf?17915/9079c77385a72fb86d9cdba6f07d6f282c61b072

2. 長期ビザ申請書1部

読みやすい字ですべての欄に記入。日付の記入と署名(パスポートと同じもの)をすること。鉛筆での記入は不可。

3. 証明写真1枚

正面、無帽、背景は白、35×45mm、デジタルデータ不可。
申請書指定位置に貼る

4. パスポート

原本+個人情報と署名のページのコピー1部
10 年以内に発効されたもの。申請するビザの期間の最終日から 3 カ月以上の有効期間が残っており、ビザ用のページが見開きで 2 ページ以上あるもの。 個人情報と署名のページをコピーすること。

5. 申請動機作文 1部

原本
フランス語または英語で記入済みのもの。
用紙は在日フランス大使館ホームページからダウンロード
http://www.ambafrance-jp.org/IMG/pdf/formulaire_visa_vascances-travail_motiv.pdf?17808/391953e9a217ab4798f2fe27aecdc1554821d04e

6. 滞在中の計画書および履歴書

原本
フリーフォーマット(英語またはフランス語で作成のこと)

7.申請者名義の日本もしくはフランスの銀行の残高証明書

原本+コピー1部
3100€以上(相当する額の日本円)の残高があること(帰国のための航空券費用を含む)。
申請日から1カ月以内に発行されたもの。

8. ワーキングホリデービザ 宣誓書

原本
用紙はフランス大使館サイトからダウンロード
http://www.ambafrance-jp.org/IMG/pdf/ENGAGEMENT_VVT_FR-JP.pdf

9. 健康診断書

原本+コピー1部
申請者が健康であることが明記されており、申請日1カ月以内に医師が作成したもの。英文・和文いずれも可。

10. 海外旅行保険加入証明書(英文または仏文)

原本+コピー1部
(英文もしくは仏文) 病気、けが、入院に対応し、航空券 に記載される到着日(フランス入国日)から 1 年間有効なもの。クレジットカード に付帯される保険は不可。

11. 氏名・住所記入したレターパック(赤)1通 必ず必須になりました。

住所・氏名を明記すること。

申請料金は無料です。

提出書類の原本は返却されますが、ビザ申請時にはすべての書類のコピー(A4サイズ)を

必ず原本に添えて提出してください。

重要事項

注意 : 申請書類の準備には細心の注意を払ってください。

下記の事項に不備・不足がある場合は、審査手続きに1~2カ月の遅れが生じ、申請却下となる場合もあります。

  • 申請書上のフランス滞在中の住所欄(申請書24項または25項)を必ず記入すること。滞在中の最終的な住所ではなくても、フランス到着時の住所を記載してください。
  • 《健康である》ことが明記されている健康診断証明書を提示してください。

ビザの受領

    • レターパックプラス(赤)(申請時に必ず提出)。氏名・住所を明記したものを提出。郵送による受領のみ可能となっています。
フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、 現地カウンセラーまでお気軽にご相談ください。資料請求はこちらより