ネイリストとしてパリでワーホリ生活を満喫!

黄色いベストも長期ストライキも楽しんでいます!

お名前A.N.様
留学先パリ
渡航目的ワーキングホリデー
学校Paris JUKU
期間1年間

パリでのワーホリ6ヶ月目、こちらの生活はいかがですか?

早いものでパリにきてもう半年が経ってしまいました。こちらにきてからあと残り何ヶ月…とカウントダウンをしているのであと半分、もう折り返し地点にきてしまったのかと思うと悲しいです。パリでの生活は毎日充実しています!
よく家から勤務先のネイルサロンまで徒歩で通勤したりしているのですが、本当にパリは歩いているだけで嬉しくなります。

ポンピドゥセンター

勤務先サロンがあるのはおしゃれなマレ地区。ポンピドゥセンター近くです。

パリでの生活はとっても充実しすぎているくらい充実しています(笑)!
日本でもネイリストとしてネイルサロンで仕事をしていましたが、日本にいた時とは比べ物にならないくらい時間の余裕があります。フルタイムで仕事をしていますが、週休2日はしっかりとお休みをいただいていますし、クリスマスもバカンスがあったり、フルタイムで仕事をしていますが、仕事が終わる時間も日本に比べると断然早いし、とにかく生活に余裕があって毎日が本当に充実していると感じます。日本にいた時って逆になんであんなに生活に余裕がなくっていつも時間に追われながら忙しくしていたんだろう?と思ってしまうくらいです!

日本にいる元同僚の子や友人みんなに、ちょっと休憩しにフランス来たらいいよ!と教えてあげたいくらいです。フランスにいたらきちんとプライベートも充実できるし、自分の時間も持てるし、気持ちに余裕があるので徒歩通勤もできるのでしょうね。

パリに来て一番嬉しかったことは?

毎日が本当に幸せでここにいられるだけで本当に嬉しいのですけれど、そうですね、あえて挙げるとすると、ネイリストとしてお仕事をする中でフランス人のお客さんがほとんどなのですが、フランス人のお客様にネイルアートをした時のリアクションが嬉しかったです。

「きゃー!かわいい!!すごいすごい!」(フランス語がわからないので多分こんな感じで仰っていたのだと思いますという予想です)と、感激してくださって、「Merci!」と。本当に喜んでくださったんだなーとわかるくらいの大きなリアクションがきた時は、嬉しかったです。日本人のお客様はなかなかそこまでのリアクションはないですからね…。びっくりしましたけれど、嬉しかったです。ちなみにクリスマス前でサンタクロースの顔を描きました。

黄色いベスト運動、長期ストライキは大変でしたか?

あー!確かにありましたね。という感じです。黄色いベスト運動の時は色々壊されているのがすごかったですがまだパリに来たばかりで、何が起きているのかよくわかっていなくて「おー、すごいなー」という感じで見ていました。

ストライキの方は、寒空の下でバスを1時間半待ったり結構大変でしたね。バスが来ないんで、今度はVelibに乗ってみ始めたりしたらその自転車が実は電動自電車で、すごくスピードが出てびっくりしました。そしてあまりに早いんで便利だな!と味をしめ、何度か乗っていたら今度は電動なのに壊れている自転車にも当たってしまって、でもお金を払っていて悔しいし、ストで他の自転車も乗られていたので壊れた電動自電車に乗ったらすごく大変で…。真冬なのにコートを脱いでTシャツで汗かきながら壊れた電動自転車に乗って家まで帰ったこともありました。

あとは自転車もない時はトロチネット(キックスクーター)にも乗りました。こちらも電動なのでものすごいスピードが出る上に、パリの街は石畳なのでガタガタと振動がすごい!翌日は全身筋肉痛になりました。

ただ、ストも黄色いベストもフランスならでは!これぞパリの醍醐味!という感じなので経験できて嬉しかったです。

実は私先週お財布を無くしてしまったのですがスリなのか自分で無くしたのかわかりません。でももしスリだったとしてもそれもまたパリならではな感じで、だんだんパリ生活上級者に近づいた気がしてちょっと嬉しい自分もいるんです。どうせお財布には大した現金も入っていなかったから言える事なのですけれど…。

セーヌ川

毎日の通勤でセーヌ川やパリの街並みを見られて幸せです。

フランスにワーホリで行こう!と思ったきっかけは?

すごく不思議なのですが実はワーホリでパリにくる2年前に友人とパリかニューヨークへ行く計画を立てていました。その時はたまたまニューヨークへ行くことになったのですが翌年、今度はパリに行こうと思って計画を立て始めようとしたのですがふと、私はパリに行くのなら旅行じゃなくて長期で長く行きたいな、と思ったんです。

日本で仕事をしていたサロンの知り合いの方がたまたまフランスへワーホリで行かれていた方で、その時にワーキングホリデーというビザがあることを知り、まだ年齢も30になっていなかったのでこれはいい!と。

そしてそこから情報を探し始めたらちょうどパリのネイルサロンで日本人ネイリストの募集をしていると知って行くしかない!と…。なんだか運命を感じました。

これからの目標と渡航前にこれをしておけばよかったということは?

とにかくフランス語を話せるようになりたいです!フランス語の勉強をしておけばよかったとは本当に思います…。

こんなに大好きなフランスなのにフランス語が話せないのでお客様との会話もできません。こうして今あゆみさんとお話していて、日本語が通じているって本当に奇跡だなって思うようになりました。言葉が通じるっていうのが当たり前じゃない環境にいて、言葉が通じることの喜びを感じていますし、同時にもしフランス語ができたら色々な可能性が広がると思うし、もっともっといろんなことを発見できるんじゃないかな、と思っています。

先週からパリのフランス語学校Paris Jukuに通い始めました。日本語でフランス語を習える学校ということで楽しみですが、本当は日本でもフランス語を習って来れたらよかったな、と思いますしもっと早くフランス語の勉強をスタートできていたらよかったなと思います。

カウンセラーからのアドバイス

カウンセラーからのアドバイス

いつお会いしてもとても真面目で前向きなA様。その前向きな姿勢があるからこそ、パリでのワーホリ生活もとっても充実されていらっしゃるのだと思います。今回も素敵なネイルをしていただきありがとうございました!フランス語の勉強頑張ってくださいね。応援しています。