• Check

ワーキングホリデー体験談

モンペリエとパリでワーホリを体験された近藤さんの体験談
近藤由里香さん
渡仏前のフランス語レベル:入門レベル
フランス滞在期間:2008年3月~2009年2月
滞在都市名:モンペリエ、パリ

最初から滞在都市はモンペリエとパリに決めていたのですか?

はい、物価や学費は地方の方が安いと聞いていたので、学校に通う間は地方に行こうと決めていました。ただ、モンペリエには日本人向けの仕事はほとんどなく、モンペリエからパリに重い荷物を持ってTGVで移動するのはとても苦労しました。金銭的にも、モンペリエでのホームステイにお金がかかったので、結果的にどちらが良かったか分かりませんが、2つの都市に滞在し、色々な経験ができたので良かったと思います。

最初モンペリエにいった理由は?

日本人があまり行っていないことと、南仏は天気が良いことから選びました。

ワーキングホリデーの仕事はどのようにして見つけましたか?

在仏日本人向けのフリーペーパー「ニュースダイジェスト」や「OVNI」、パリの日系本屋さんの掲示板、フランスで発行されている英語のフリーペーパー「FUSAC」で探しました。

仕事を見つけるのは簡単でしたか?

7月半ばにパリに着き、初めての仕事をし始めるまでに、1か月以上掛かりました。ちょうどバカンスの時期と重なったため、CV(履歴書)を送っても返事が返ってこないことが多かったです。空港の仕事をしたいと思っていたので、それが見つかるまでは他の仕事をしていました。仕事を選ばなければ、パリで日本食レストランなどの仕事は見つかりやすいと思います。

これからフランスへワーキングホリデーをしに行く人へアドバイス

スイスの友人と地方に滞在するメリット(物価が安いなど)はありますが、仕事をしようと思うならやはりパリがいいのではないかと思います。語学学校に関しては現地でも申込みが出来る場合がありますが、出発前に決めておくと安心です。学校がステイ先や寮、空港からの送迎を手配してくれるなどのメリットもあります。

また、仕事については、ニュースダイジェストやOVNIは日本からインターネットで見ることができるので、日本にいるうちから情報を集めておくと良いでしょう。CV(日・英・仏語)も出発前に作ってデータで持っていくとスムーズに職探しができます。フランスで何かやりたい仕事があるのなら、それが見つかるまで何もしないよりも、何か仕事をしながら探すことをお勧めします。仕事をすると周りとのつながりができ、情報を得られるし、語学力UPにもつながるからです。

ご自身のワーキングホリデーの経験から、こうすれば良かったということがありますか?

仕事探しの時期と、バカンスの時期が重ならないようにすれば良かったかなと思います。上にも書きましたが、日本にいる間にパリの仕事情報を集めておくと良かったです。私の場合、語学学校に通った時間も長かったので、仕事をする期間が短かったのでもう少し働きたかったなと思います。
輸入事務(引っ越し会社):2週間 - 10万円 / 月
免税店:3カ月 - 1100ユーロ / 月
航空会社:3カ月 - 1100ユーロ / 月



^